赤ちゃんの肌の特徴

皮脂の分泌量が変化する。

赤ちゃんの肌はデリケートで、ちょっとしたことでトラブルが生じます。
赤ちゃんの肌のトラブルを解消するためにはまずはその皮膚の特徴を知ることが大切です。
私達の身体を覆っている皮膚には、外部の刺激から体を守るバリア機能があります。

皮膚のもっとも外側にあり、外部とふれあっている角質層が、バリア機能の重要な役割を担っています。
しかし、角質層の厚みは大人でも約0.02mm、赤ちゃんはその半分位しかありません。
また角質層の表面は、皮膚を乾燥や刺激から守る皮脂でコーティングされていますが、
赤ちゃんの場合は成長の時期によって、皮脂の分泌量が変化します。

○新生児期(生後~4週間)
内分泌機構は未熟ですが、母体から受け取った物質の働きで一時的に皮脂の分泌量が増えます。

○乳児期(生後4週間~1年):生後2~3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌量が減ってきます。

○幼児期(生後1年~6年):皮脂の分泌量が生涯でもっとも少なくなる時期です。

このように、子供の肌は角質層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なためにバリア機能がまだ安定しておらず、
ちょっとしたことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染する等、トラブルが起こり易い特徴を持っています。
乳児期や幼児期では脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)やあせも、おむつかぶれ、幼児期以降では外に出歩くことも増え、
とびひや水イボなどの感染症、日焼けなどのトラブルが多くなります。
また、幼児期には皮脂の分泌量が減ることから、乾燥肌の悩みも生じることが多くなってきます。

製造国日本 赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ