赤ちゃんの肌ガサガサ
解消ナビ

赤ちゃんの肌トラブル解消

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんによくみられる肌のトラブルについてご紹介します。

脂漏性皮膚炎
皮脂の分泌が多い髪の生え際、まゆ、鼻のわきなどにできる、カサカサした湿疹です。新生児期から生後2ヶ月位の時期によく起こりますが、皮脂の分泌が活発になる思春期以降にも多くみられます。
皮膚が赤くなって痒みを生じ、頭皮や髪の生え際、まゆのところにフケが出ます。酷くなると皮脂が固まってカサブタの ようになることもあります。悪化させないために肌を清潔にし、カサブタを引っかかないよう爪を切っておきましょう。

あせも(汗疹)
アカや汚れのために汗が汗腺の出口に詰まり、皮膚の中に溜ることで炎症を起こします。白っぽい水ぶくれができる場合と赤い小さな発疹が出きて痒みやヒリヒリした感じがする場合があります。 吸湿性の高い肌着を着せ、沢山汗をかいたらシャワーで洗い流すなどしましょう。

おむつかぶれ
尿や便、おむつの摩擦によるかぶれで、おむつをしている部分が赤くなり、小さな発疹ができます。
皮膚カンジダ症という真菌(カビ)感染症と症状が似ているので、病院を受診してきちんと見分けてから治療を始めるようにした方が良いでしょう。おむつかぶれができたら、おむつの交換をまめに行い、お尻の皮膚を清潔に保ちましょう。

洗剤などによるかぶれ
洗剤、柔軟剤、手洗い用や全身用のボディーソープなどが原因で、かぶれを起こすことがあります。
合成洗剤は低価格で汚れが落ち易いですが、洗濯後に衣類に残ると、汗で洗剤の成分が溶け出して刺激となり、
炎症を起すことがあります。洗剤などを無添加のものに変え、衣類はよく濯ぐようにしましょう。

乾燥肌、小児乾燥性湿疹
皮脂の分泌量が減って乾燥し易くなる幼児期やには、乾燥肌になりがちです。
乾燥肌は痒みが生じ易く、掻いた刺激で炎症が起き、小児乾燥性湿疹となります。
爪を切ってなるべく掻かないように気をつけさせましょう。また保湿剤でスキンケアをすることも効果的です。

とびひ
ブドウ球菌、連鎖球菌などによる皮膚感染症のひとつです。
湿疹やあせも、虫刺されなどで傷がついたところにこれらの細菌が感染し、増殖して起こります。
痒みを伴う水ぶくれやかさぶたができ、この部分を爪などで引っかくと、他の場所にも飛び火のように広がっていくのが 特徴です。それで「とびひ」と呼ばれます。とびひの場合には、感染症の治療がベースになります。 抗生物質外用剤も使えますが、通常は抗生物質の内服による治療が行われるので、まずは皮膚科や小児科を受診しましょう。

水イボ
伝染性軟属腫ウイルスの感染によるイボ(良性の皮膚腫瘍)です。粟粒からエンドウ豆位の大きさで、色は淡い赤色から淡い褐色、中央がへこんだ半球形で弾力のあるのが特徴です。
イボの中にあるゼリー状のものにウイルスが含まれていて、引っかくなどしてウイルスに触れると感染します。
水イボは、湿疹のある子供やアレルギーを起こし易い体質を持つ子供に多くみられます。専用のピンセットでイボを取り除いて治療するので、まずは皮膚科や小児科を受診しましょう。

日焼け
紫外線によって引き起こされる皮膚炎で、中波長紫外線(UVB)が原因です。日光に当たった後には皮膚が赤くなり、 ヒリヒリしますが、酷い時は水ぶくれができて灼熱感や痛みを感じます。水ぶくれが破れると、そこから細菌が感染する 恐れもあるので、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。
水ぶくれができていなければ、赤くなっている所を冷やし、ローションやワセリンなどで保湿をしましょう。 全身が脱水気味になっていることもあるので、水分を充分に飲ませるようにしましょう。 紫外線量が多い5~9月は、帽子や日焼け止め等紫外線対策をしっかり行いましょう。

製造国日本 赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ